Space-angel〜らぶはぴぶろぐ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS イモムシジャックの羽化

<<   作成日時 : 2006/11/05 09:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

イモムシジャックが蛹になってから3週間くらいして、羽化した。
てっきり、越冬蛹だと思っていたから、なんの準備もしていなくて。

夕方仕事から帰ってきたらむしかごに貼ってある防虫シートに
黒い物体がぶら下がっていた。
見ると蝶のよう。

「ジャックが蝶になっちゃった!」
私が叫んだと同時に子供が虫かごに近寄った。
「羽が縮んでる。開くかな?」 と上の娘。
「大丈夫だよ!ちゃんと開くから!」と下の娘。

いつ蛹から出てきたのかわからないけど多分は羽は開かない。
そのまま一時間ほど見ていたけれどやっぱり羽は開かなかった。

ポカリスウェットを脱脂綿にひたし口のそばに持っていったけど
飲まない。

開いていない羽で一生懸命飛ぼうとするけどぼてっと下に
落ちてしまう。

「蝶は蛹から出て、羽を乾かしながら広げるんだよ。
きっと、蛹から出て、つかまる所がなくて下に落っこちたんだよ。
それでもうはねは広がらないんだよ。」
上の娘は学校で蝶の飼育をして、羽化まで見ている。
「そんなことないよ!明日になったらちゃんと羽が広がってるよ!」
蝶になるのを楽しみにしていた下の娘。
図鑑を持ってきて蝶の羽化するところを何度も何度も読み返し
半べそをかきながら、「やっぱり、だめかも。」と私に言ってきた。

「来年は卵を見つけて、蝶になるようにやってみよう。」
「ジャックはどうする?」
「せっかく蝶になったんだから、一日でも長く生きられるように
お世話してあげようね。」

やっと笑顔が見えた。

ジャックがつかまれるように、ケースにダンボールを貼ったり、
割り箸を入れたり。

でも、3日目にはお亡くなりになった。

「ジャック、お亡くなりになったよ。もう、動かないもん。」
寂しそうに私に言ってきた。

「仕方ないよ。お墓作って埋めてあげなね。」

と、そこで。

「ママ、埋めたらだめなんだよ!庭においてあげれば蟻や他の虫達が
ジャックを食べるんだよ。そして、ジャックは他の虫達の栄養になるんだよ。
そうやって、命は繋がっていくんだよ。ママ、自然てそういうもんだよ。」
どこで仕入れた知識なのか。
「自然て厳しいのね。」としか言えなかった。

だけど納得。むしの死骸が庭に散乱してるわけ。

う〜ん。出来ればやめて欲しいよな。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
まだ冬越ししませんでしたか・・暖かい日が続いていましたからね!
ジャックくんは可哀想でしたが、娘さんなかなかの自然通です。
なみへいママ
2006/11/06 11:49

コメントする help

ニックネーム
本 文



マイリンク集

イモムシジャックの羽化 Space-angel〜らぶはぴぶろぐ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる