Space-angel〜らぶはぴぶろぐ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 始まった夜の徘徊。

<<   作成日時 : 2007/01/16 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 33

長い休みの後、上の子の精神状態は不安定になる。
別に、学校に行きたくないとか、いじめられているとか言うわけでは
ないけれど、環境が変わったり、生活のリズムが変わると
必ず始まる。

夜の徘徊。

夜9時に寝ると必ずといっていいほど、12時から1時の間に
目が覚める。

意識がちゃんとしてる時もあるけど、ほとんどの場合が、寝ぼけている状態。
何だかわからないこと話して自分の部屋に行ってしまう。

朝、夜中に起きたの覚えてる?と聞くと
覚えてない場合が多い。

1ヶ月くらいは続く。

この期間、授業中はぼーっとして、集中できない。
勉強が遅れる。
居残りが多くなり、宿題がたまる。
本人に焦りが出てくる。

悪循環。

昨年、教育センターに相談をした。
話だけではわからないけれど、『軽い発達障害』が見られると言われた。
覚悟はしていた。
やっぱり・・・という落ち込んだ気持ちと、この子の性格が悪いんじゃなくて
生活環境が悪いんじゃなくて、脳の状態が不安定なだけと言う原因が
わかってほっとした気持ち。
カウンセラーの先生はあくまでも話だけなので、ちゃんと検査しましょう。
といった。
しばらくカウンセリングを受ければ良くなりますよとも。
『それにしても、今の学校の先生は何をしてるんでしょうね。
ご両親が相談に来る前に学校からカウンセリングの要請があって
しかりなんですけどね。
こういう子がどれだけ学校で居心地の悪い思いをしてるかと考えるだけで
辛くなります。適切なアドバイスやカウンセリングでぐっと子供が変わるのに。』
その言葉を聞いて、心が軽くなった。
いろんな人に話をしたけれど、、気のしすぎ、母親とのふれあいが足りない、
躾の問題・・・誰一人として子供の視点に立って話してくれた人はいなかった。

それにしても・・・
毎晩の徘徊はつらい。
ちょっとした物音で起きてしまう。

今日も寝不足。
私も子供も。
早くゆっくり眠れるようになるといいね。

そう思いながら、子供が寝るまで付き添う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
良いカウンセラーの先生でよかったですね。
長いお休みは、ほんと調子狂いますもの。
mama−iyaさんも、大変でしょうけど、頑張ってくださいね。
みるきぃ
2007/01/16 13:43
子供のことって、心配だよね。
うちの子も、去年先生から耳聞こえずらいんじゃないですか?と言われ、随分心配しました。今まで、そんなこと言われたことなかったから・・
今でも、気になりますが、聞こえてるようです。
子供なりに心配なことが、あるんでしょうね。
私は去年、子どもの担任と、もめちゃいました。
先生に暗いって言われたというから・・
どうゆうつもりか聞きたかったので。そんな事言ってないとゆうけど、
随分弁解してた。子供にはいやなことがあったら、お母さんに言いなさい。校長だろうが、総理大臣だろうが、文句いってやる!と、言ってあります。学校も大変です。

わさび
2007/01/16 13:57
いろいろと大変ですね。子供さんのこと詳しくわかりませんが
現代は学校の先生も頼りない状況では、結局親しかいませんね。
お察ししますが、第三者的にみて、折角「リッチ君」がいるので、
何かに集中できることる考えられませんかね。リッチ君と仲良く
なって、責任持って世話するようになれば、双方に愛情が芽生え
お互いに信頼し合ってと思いますが、カウンセラーの先生に
聞かれては?
傘寿の松
2007/01/16 14:57
信頼できるカウンセラーの先生で良かったですね。これから学校生活がより良い環境になりますよ!愛する家族に囲まれて自分も愛情を注ぐリッチ君がいて・・・愛情一杯の生活できっと大丈夫!寝不足で大変でしょうが
体調管理に気を付けて!
珈琲豆乳
2007/01/16 15:43
カウンセラーの先生とお話をして気が楽になりました。
今までは躾が出来てないからとか、基本的な生活習慣が出来てないからとか言われてそれが何より辛かった。
励ましのお言葉ありがとうございます。
みるきぃさんへ
2007/01/16 17:10
私も教育委員会に行ってやる!って子供に言ったことあります。
結局味方になってあげられるのって親だけですからね。
宿題や課題がたくさんたまってどんどんどつぼにはまっていった時に
先生から随分追い討ちをかけられて、夜の徘徊だけでなく、精神不安定になった時に頭に来て・・・
『先生のやり方は娘とは合わないようなのでしばらくはそっとしておいて
ください。宿題も課題も状態を見てやらせます。』って言ってやった。
それから少し先生の態度が変わったかな。
言わないと子供を守れないような気がします。
わさびさんへ
2007/01/16 17:19
優しい言葉ありがとうございます。
上の子にとって学校が楽しいと思えるようになるといいです。
行かないとかはあんまり言わないので、それだけでもありがたいかな。
珈琲豆乳さんへ
2007/01/16 17:22
カウンセラーの先生も何かひとつでも自信の持てるものがあると随分精神的に落ち着くと言ってました。リッチがまだやんちゃ盛りなのでもう少し
落ち着いたら散歩と躾とかやらせようと思ってます。
上の子は親の私がいうのもなんですが、いつも笑顔でよく妹の面倒を見る
優しい子なんです。でも、ちょっとのんびりや過ぎるところがあるんですけど。それが今の学校生活ではあだになるんですよ。何でも、早く、皆一緒に出来ないと駄目なんです。
集団行動の苦手な娘には苦痛なんですよね。
それでも毎日元気に学校へ行く娘は偉い!(超親バカ!)
傘寿の松さんへ
2007/01/16 17:30
素敵な親バカ最高です。
うちの子も宿題やらなくて、先生に
「お母さんがそばで見ていて下さい」って。
中学生の男の子が母親の横で勉強しますか?
って聞きなおしましたが。
中には本当にすばらしい先生もいらっしゃる
と思いますが、とりあえずどこかの高校に
入れて...というような先生もいますから。
素敵な先生と出会いたいですね。
かっか
2007/01/16 20:16
こんばんわm(__)m
実は、オイラの甥が「喘息」で、学校の無理解のセイで1年生と2年生の時、ひどい目にあった事があります。mama−iyaさんの辛さとても理解できますよ。
甥っ子も3年生からは、とても親身になってくれる先生が担任をしてくれて、今では元気に学校に登校してますよ。
「明けない夜はない、朝は必ずやって来ます」(^O^)/
マーボウ
2007/01/16 20:51
本当に今の先生は当てになりませんね・・・私も長男、次男で今まで10人を越える先生との接触がありましたけれど、本当に子供の視点・・・子供を預かっているという視点でプロ意識を持っている先生は少なかったです。親とはもめたくないので懇談ではいいことしか言わなかったり・・・
逆に学習について親任せだったり・・・
???と思うことは数々あります。
カウンセリングで娘さんが少しでも良い方向に行くといいですね。
学習障害など見過ごされやすい障害は発見が早いほど予後も良いようですね。勇気を出して相談されて良かったですね。
これから良い方向に進まれる事を祈っています・・・
サンタママ
2007/01/16 20:58
こんにちは!たいへんですが頑張ってくださいね。
うちも次男坊がちょっとたいへんでしたよ。そう、保育所に行くようになってからでしたが、毎晩夜中になると「恐い、恐い!」と言って暴れるんですよ。何が恐いのか分かりませんでしたが、目はうつろだし、私のほうが恐かったです。朝、聞いてみても憶えていない様子でした。
小学校に入っても学校生活になじめずに、行かずに家にいたり・・・。
学校生活になじめなかったみたいでいした。私は無理にやらずに先生にわけを言って見守っていました。いやなものは仕方ないんだから。
今ではその子も24歳になります。立派に社会人やっています。
その子その子に合ったやり方があると思います。
しんどいでしょうが頑張ってくださいね ^-^
ちょっとかわいいオバン
2007/01/17 13:38
ご心配でしょうが、いいカウンセラーさんにお話できてヨカッタですね・・・
姉の息子もそうでした。ちょっと感受性がつよかったのかな?夜中に家の中歩いていましたよ〜〜やはり朝には何も覚えていませんでした。。。
ちょっと感受性が強かったかな?幸い学校の先生にも恵まれ、姉ものん気でおおらかな気持ちでいました。。。今では結婚もして幸せに暮らしています。。。
寝不足でお疲れだとは思いますが、頑張ってくださいね!
なみへいママ
2007/01/17 14:34
原因がわかってよかったですね。もとがうやむやなままだと、
こどもや自分を責めるばかりで、前へ進めないような気がします。
お子さんも見えない敵と一生懸命戦われているのでしょうね。
つらいときは、聞いてもらえるだけでラクになれることも
あるかもしれません。お子さんの言葉はmama-iyaさんが受け止めて、
mama-iyaさんはカウンセラーさんやブログでいっぱい
お話してくださいね。
もー
2007/01/17 15:45
先生に「合う」と「合わない」ではなくて、「当り」と「外れ」があるのは、悲しい事ですが現実だと思います。 子供に何かあると、それがどうしようも無い事でも、大抵の母親は自分を責めてしまうと思います。先生の言葉にもう少し配慮があったらと、残念でなりません。
本人に意識が無くても、夜に徘徊でシグナルを出してくれる良い子で本当に良かったね。理由は分からなくても、きちんとシグナルに気付いてあげて、そして付き合ってあげられる母も本当に偉いぞ〜!
落ち着いた夜が一日でも早く訪れるように、心から祈ってます。
めのと
2007/01/18 00:35
ごぶさたしております。

カウンセラーさんに相談できてよかったですね。
子どもにはそれぞれ育っていくリズムがありますから。
それをくみ取ってくれてよかった。
教育センターのカウンセラーさんなのかな?
もしそうだったら、そのカウンセラーの方にコディネートしてもらう方法もあります。
相性もありますが、相談できる人(専門家がなるべくいい)が何人かいると、自然とサポート体制ができると思うのですが・・・
我が子がいじめられたときもそうしたサポート体制でずいぶん助けられました。
コメントの中に”今までは躾が出来てないからとか、基本的な生活習慣が出来てないからとか言われてそれが何より辛かった。”とあり、本当にそうだなと、親として思います。
上手くコメントできなかったな、気持ちが伝わるといいのですが・・・

ガッツポーズ
2007/01/18 01:00
こんにちは!
うちの下の子は学習障害です。
今でもコミュニケーションをとるのがにがてです。映像から入る情報は正常ですが文字や言葉から入る情報は今でも弱いです。
小学校では補助の先生が教科によってはついています。
4月から中学生になりますが昨年のうちに言葉の教室、教育委員会、小学校、中学校と相談しています。
4月からは全ての学校に学習障害、発達障害の専門の先生が配置されるはずです。(まちがっていたらすみません。)
教職課程で学習障害、発達障害のことが必修になっていないので、専門的に対処できない先生が多いいですが、昔と違って学習障害や発達障害のことは学校内でも理解は進んでいます。学校にはうちの子は学習障害ですと言っているので、学校はわかっているということかもしれません。
早めに検査を受けられて結果を学校に相談されたらいいと思います。
先生の理解も進むと思います。
と、今ではこんなことコメントできますが、解ったときはやっぱりショクでした。でも、言葉の教室にかよい相談できたのが私たちには良かったです。長くなってすみません。



芙実のパパ
2007/01/18 02:15
同じ娘をもつ親としてご心配な気持ち察します。↑でもおっしゃられたとおりmama-iyaさんは一人で悩まないでどんどんカウンセラーやお友達、あるいはブログでバンバン話しちゃいましょうね。子供ってほんと不思議なくらい親の気持ちや心理状態をなんとなくですが感じ取ってるみたいですから、mama-iyaさんはドンと構えちゃいましょう!学校でも小学生は大人の理解できないパワーがあってちょっとおとなしい子もいればものすごく強引な子もいるみたいでほんと不思議なくらいすぐ仲良しになって遊んでますもんね。きっと大丈夫ですよ!何言ってんだか分からなくなってしまい逆に不安をあおらせてたらごめんなさいネ。

2007/01/18 08:22
1年生の頃からずっと言われ続けていたんですよね。
でも、言われるだけで具体的なこと何もしてくれなくて。
先生との相性ってありますよね。
かっかさんへ
2007/01/18 15:24
励ましのお言葉ありがとうございます。
結構大変な思いしているお子さんて多いんですよね。
甥っ子さんいい先生と巡り会えて良かったですね。
3年生になったらクラス替えがあるのでちょっと
楽しみにしています。
マーボウさんへ
2007/01/18 15:31
子供の視点に立って考えてくれる先生なんているんでしょうか?
何だか親の顔色ばかり窺っていたり、昇進のことばかり考えていたり。
親身になって話を聞いてくれたのは、どういう訳か、校長先生でした。
昼行灯と保護者から言われていたのですが。
わからないものです。
すこしでも上の子が過ごしやすい環境を整えて上げられるよう
努力しようと思ってます。
サンタママさんへ
2007/01/18 15:40
うちの子も、『戦争が着たら恐い』とか、
『知らない人に連れて行かれちゃうと大変だから公園には行かない。』
とか訳わからない事言います。
なんとなくいろんなことに対して不安なんだなと思って、
『大丈夫だよ。』と話してます。
漠然とした不安を早く取り除けるようがんばります。
と話してます。
ちょっとかわいいオバンさんへ
2007/01/18 15:48
早くカウンセラーの先生に話しに行けばよかった・・・・と
今は思います。
母親があまり気にしすぎると子供も不安になると言われたので
今はテストの点数が悪くても、縄跳びが出来なくても、
次頑張ろうね。と言って、流すようにしました。
そのうち治るでしょう・・・くらいの気持ちで
受け止めて生きたいと思います。
なみへいママさんへ
2007/01/18 15:55
色々とネットや本を買って調べて多分うちの子はそうだろうな。
という予感はありました。
でも、心の中ではきっと違うと思っていた部分もあって。
原因がわかれば前に進める。本当にその通りです。
手探り状態の中にまだいますが、そのうち明かりが見えてくると
思います。
これからもたくさん色んな話したいと思ってます。
アドバイスや意見たくさんくださいね。
もーさんへ
2007/01/18 16:00
ありがとうございます。
夜の徘徊が2回や3回じゃなくて結構連日あったのでちょっと
心配なったしだいです。
先生の当たり外れってほんとうにありますよね。
上の子はなぜか相性の悪い先生とぶち当たるケースが多くて。
半分あきらめてはいますが。
子供にとっては死活問題になりうることなので
もう少し親身になって様子を見なければいけないなと
反省してます。
めのとさんへ
2007/01/18 16:25
教育センターの相談員の先生でした。
私の話を良く聞いてくれました。
今度発達センターで検査をします。
その後カウンセリングをするそうです。
教育委員会と言うとちょっと敷居が高いように見えるけど
学校に話しても埒が明かないときは直接行くに限ると言うことを
学びました。
それがわかっただけでも進歩かな?
ガッツポーズさんへ
2007/01/18 16:39
親が子供の行動や言葉の発達に疑問を抱く、あるいは学校の先生から
言われてきちんと対処できた子は少ないそうです。
いま、1クラスで3,4人の学習障害児がいるそうです。
これだけ多いのになぜ教職課程の中で必修になってないのでしょうか?
不思議です。
芙美のパパさんへ
2007/01/18 17:06
先ほどはありがとうございました。
早速伺いました。
良いカウンセラーさんに相談できてよかったですね。
皆さんそれぞれ子供を育てている間は大変ですよね。
「親はいなくても子供は育つ」と言いますが現実はそんなものではないですよね。
かく言う私も悩みながら格闘しながらでした。
長男はもう30過ぎのおじさんですし、娘もしかりです。
のどもと過ぎれば暑さを忘れてしまいますが、当時はそれは大変でした。
一人一人全く違った人格を持った子供達が一つの教室に入って共同生活するわけですから色々あって当然ですね。
それをコントロールしながら導くのが先生であり父兄だと思います。
あせらず、子供さんが落ち着けるようにゆったり・・・。
子供を守れるのは親以外にいないのですから。
どんな事があっても子供さんの身になって考えてあげて下さいね。
納得できるコメントが出来なくてごめんなさい。
又寄らせて頂きます。
ろこ
2007/01/20 21:36
mama-iyaさんがこうしてお子さんの状態を隠さず、カウンセラーに相談されたり、ブログに書かれたことは、それだけでもきっといい方向に向かっていけるような気がします。
自分の中だけで、悩んでいたりすると、つい自分の育て方が悪かったのでは・・と責めてしまいますよね。私も当時はまだ少ない、共働きでしたから、周囲から「かぎっ子にして」と陰口言われている様でした。
実際、子供が学校で急に奇声を上げる・・とか聞くと正直心配でした。
でも 大きく構えていたら、いつのまにか無くなり、生徒会の仕事もこなすように成長していきました。 親が悩みを打ち明け、心を軽くすることで、子どもをゆったり見てあげることが出来ると思うのです。
それにしても、子育ては親の修験場なのですね。
けっこちゃーん
2007/01/20 23:11
mama-iyaさん、カウンセラーの方が良い方のようで、本当に良かったですね。原因がわからないというだけで不安感にお子さんもお母さんも押しつぶされて悪化してしまうケース、多いようです。
私は一時期うつ状態でひきこもりましたが(いや、お子さんのケースとは違うので参考にもなりませんが)、きっかけは短期間のうちに集中的に仕事をこなして、生活のリズムが崩れたことでした。生活リズムが安定しているときには耐えられたはずのストレスが、体調不良をきっかけに一気にこらえきれなくなり、周りが心配してくれているのが分かるから更に無理するものの、体力的にうまくこなせず、こなせないので不安が大きくなり、それが自律神経の機能不全を招いて活動的になれず、運動量も食事量も減りさらに体調が悪化する、というような悪循環に。
カウンセリングに行くのってとても抵抗があったのですが、おかげで原因を理解し受け止めることができました。一番支えになったのは、きっと死ぬほど心配してくれただろうに、自分の前では何事もないように普通に振舞い自分を受け止めてくれた家族や友人たち。

お子さん、きっと良くなりますよ。大丈夫。
デベコン
2007/01/21 10:59
コメントありがとうございます。
一人ひとり個性が違うのに一緒くたにしようと言う教育が
ひずみを生む原因のひとつだと思います。
担任の先生はとてもきちんとした方で厳しいのです。
何でも優劣をつける。出来る子には励みになることが
娘には劣等感を生む原因に。
もっと早く気づいて手を打ってあげれば良かったと
今は思います。
後悔しても仕方ないので前を見ていこうと思います。
ろこさんへ
2007/01/22 09:29
子供の様子をゆったり見てあげることが大切だと言うことに
気づくまで本当に時間がかかりました。
どうしてうちの子はできないんだろう?
なんでこうなんだろう?と。
でも、ここまで出来たんだ。えらいね。と私が言った時の
娘の笑顔を見て初めて気がつきました。
本当に子供に色々と教わってます。
これからもよろしくお願いします。
けっこちゃーんへ
2007/01/22 09:43
コメントありがとうございます。
デベコンさんも辛い思いをされたんですね。
暖かい家族の皆さんとお友達に理解され支えられた
デベコンさんは幸せですね。(生意気でごめんなさい。)
娘の支えになりたいと思います。やっぱり、信じてあげられるのは
親だけですものね。
これからもよろしくお願いします。
デベコンさんへ
2007/01/22 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文



マイリンク集

始まった夜の徘徊。 Space-angel〜らぶはぴぶろぐ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる